夫婦未来会議を行ってみて

大きな山場だった結婚式を終え、約1ヵ月が経ちました。

夫婦としてこれからどう生きていきたいか、どう歩んでいこうか、そんな会話を行うために隣町の山奥まで散歩してきました。

今回はわたし(夫)が夫婦未来会議を終えて感じたこと・考えたこと等をまとめます。

 

 

3月に入って心境に変化はある?

まずはそんな会話から始めるわたし達。

実はわたし(あきひろ)は2月末で代表と二人三脚で創業し育ててきた会社を辞め、3月から再びフリーランスに戻りました。

 

ようこ
3月入ってどう?またフリーランスに戻ったと思うけど
あきひろ
思ってた以上に落ち着けてるかな。会社やめる前はそわそわしてたけどね(笑)

 

以前も何年間かはフリーで仕事をしていたけど、昔のフリーランス時代とは違ってドシッと構えられていることに気が付きました。

たぶん自分の中で大きな自信がついてきたのか、意外と心に余裕があるなーと思います。

 

 

場を作りたい

これからのことを話し合う中でわたし達は「場を作りたいよね」という話に流れました。

 

あきひろ
場がほしいよね〜
ようこ
うんうん、場がほしい!

 

奥さんは自分でご飯を作ってみんなで囲って食べられる場を作りたい。

わたしの場合は遊び場を作りたい。私の場合の「遊び」とは遊びに来てくれた友達を全力で持て成したりすることや、仕事を生み出すこと。

 

奥さんが定義する場と、わたしが定義する場。
この2つをどう掛け合わせて理想に近づけるかはもっと考えないとですね。

 

非日常での対話が大切だと思う

こうやって「夫婦未来会議」という活動を初めて1年近く経つわたし達。

身近だからこそ普段は話しにくいことってたくさんあります。結婚して1年以上経ちますが、時間が経てば経つほど言い出しにくいことが増えます。

だからこそ”非日常”の場所に行って、いつもと違う空間の中で語り合うって大切です。それだけで自分にも相手にも優しい気持ちになれて、しっかりと相手と向き合える。

 

福津暮らしのこれから

わたし達が福津へ移住してきてあと3〜4ヵ月で1年になります。

奥さんはとにかく毎日楽しそうにしていて、わたし(夫)も少しづつ楽しいと思えることが増えてきました。

もっと面白いことしていきたいですね。

わたし(夫)の「面白い!」はハードルが高くちょっとやそっとでは満足しないため、自分でも難しい性格をしているなぁと自覚してます(笑)

 

投稿者プロフィール

えとうあきひろ
2017年6月、東京・大阪から福岡県福津市へ移住。

元、文系フルリモート会社の執行&創業メンバー。基本ゆるいです。まったり生きてます。ただ、楽しく豊かな人生を送るためのモチベーションは異常に高いです。遊ぶように仕事してます。

打ち上げ花火師でもあるので、巨大な花火を打ち上げたい時はいつでもどうぞ^^